back  next

日々 - 庭師


days - a gardener


アルミニウムにプリント、箒・ 700×300×H.1650mm
AOBA+ART 2011 2010年
住宅街を舞台にしたAOBA+ARTでの作品。 草むら、庭の植栽、家の窓辺や軒先に溶け、まぎれる彫刻。庭師、番犬、自転車、猫など、住宅街の日常を象った彫刻の表面には、それが設置される背景の写真が焼き付けられている。そのため彫刻は風景にまぎれ、あたかも消えてしまったかのように見える。それらはまた、切り取られて止まった「過去」と、刻々と更新していく背景である「今」を同時に見せるものとなった。 いくつかの作品はパーマネント作品として家の窓辺や軒先に残され、会期終了後に別のお宅に移設された作品もあった。彫刻に焼き付けられた風景が別の庭に移植されるという新たな展開となった。 また、彫刻を設置した庭を舞台に、庭と同色に紛れる「緑の庭師」を演じるパフォーマンスを行った。その映像は住宅街と少し離れた場所で上映されることで、庭の彫刻と呼応し、住宅街の日常空間で起きている非日常的な出来事を覗き見る窓のような役割となった。

Copyright ©2007 jun honma // all right reserved

写真撮影:J.H