back  next

p i n


時計、秒針、布、空気 ・ 250×250×250mm for one parts (150 parts)
Gallery Gen 1996年

壁を覆う無数の球体。それぞれの先端では赤い秒針が時を刻んでいる。
その場景からは、時刻を知ることはできないが、時のうつろいを感じる
ことができる。“Pin”は個々の持つ内なる「時」と「間」を暗示して
いる。                             

瞬間の連続といえる時間の流れの中、夥しい「時」が忘れ去られる一方
で、誰もが心に深く刻まれた「時」をもっているのではないか。   
A.ランボーが太陽が海にとける瞬間を永遠として心に刻んだように。 
それは(概念として)流れる時間に対して、止まっている時間といえる
のかもしれない。                        

写真撮影:T.Ohtaka

Copyright ©2006 jun honma // all right reserved