プリーズ - 春 breeze−spring 2006
春の空の写真がプリントされた旗、ファン、ステンレスワイヤー

風のはじまり
風が、記憶や想像力につながるスイッチになることがあるようだ。 吹き抜ける風が不意に頬をなでる時、かつて見た風景や、その時 の心情などが憶い出されることがあるからだ。

「蝶の羽ばたき効果」という言葉がある。ブラジルの蝶の羽ばた きがメキシコ湾でのハリケーンの発生に影響をあたえるかもしれ ないというのだ。とすると今頬をなでていった風も、いつしか僕 に影響をあたえるのかもしれない。
その風のはじまりは、流氷を超えたどり着いたトナカイのいな なきかもしれないし、カリブ海を吹き抜けてきた蝶の羽ばたき かもしれない。あるいは風など吹いておらず、日常の何気ない 記憶が脳の神経細胞と結合した時、その僅かな震えを風と錯覚 しただけかもしれない。
作品が、誰かの頬をなでる風のようなものであるとするならば、 もう暫くその「はじまり」と「ゆくえ」について考えてみたい と思う。


春の風が苦手だ。何か始まりそうな期待感と何も始まらない焦燥感が入り交じり、 花粉症でなくても鼻がむずむず、足をふわふわと浮かせる。宮沢賢治の 「春と修羅」に、「まことのことばはうしなはれ 雲はちぎれてそらをとぶ ああかがやきの四月の底を はぎしり燃えて行きする おれはひとりの修羅なのだ」 とある。もしかしたら、賢治がこの詩をよんだ時も、あの春の風が吹いていたのかも しれない。


back  next

写真撮影:studio-dot

Copyright ©2006 jun honma // all right reserved